お使いの Internet Explorer 11 ではこのサイトは表示できません。
Microsoft EdgeやGoogle Chromeなどの最新のブラウザに変更して再度アクセスしてください。

2020/7/10

伝統あるイギリスのオイルドジャケットから一点物のバッグを再構築

アップサイクル #3

古着のオイルドジャケットと、米軍払下げのキルティングパンツを解体し、ヘルメットバッグに再構築しました。

古着界では知らない人はいない、タイの古着卸売問屋G RAGS 72オーナー、サリーム・ガンチ(彼のビンテージコレクションは30億円とも!)協力の元、服としてはダメージが多すぎて着れない、古着のジャケットとパンツをアップサイクルしました。

最初にジャケットをオゾンウォッシュすることで、古着特有の匂いやオイルのベタつきを緩和させています。

1着1着手作業で丁寧に分解、破れなどのダメージをリペアし、襟から裏地、ファスナーまで、元のパーツを無駄にすることなくバッグに仕立てています。ポケットも有効活用し、表に4つ、中に2つ装備(バッグによって数が前後する場合があります)。バッグの内側は、キルティングパンツで補強しました。

1つのバッグに1着のジャケットと1本のパンツを使用しています。その表情はもちろん、ジャケットが作られた時代によっても仕様が異なり、一点物のヘルメットバッグが生まれました。

※オゾンウォッシュ…水も化学薬品も使用せず、空気中からオゾンを生成し、その強力な酸化作用によって殺菌・脱臭する地球に優しい加工技術。

Attention
古着が素材という特性上、1点1点リペア跡、生地の色が異なり、変色がある場合もあります。
ジャケットの状態で再利用できるパーツが異なるため、1点1点ポケット等の仕様が異なります。
オゾンウォッシュで匂いは緩和されていますが、それでも古着のオイルドジャケット特有の匂いは残っています。
オゾンウォッシュにより、オイル加工の防水機能は弱まっています。
何卒ご理解の上、お楽しみいただけますようお願いいたします。

この商品を見る