お使いの Internet Explorer 11 ではこのサイトは表示できません。
Microsoft EdgeやGoogle Chromeなどの最新のブラウザに変更して再度アクセスしてください。

APOTHEKE FRAGRANCE

菅澤 圭太

千葉

APOTHEKEはドイツ語で「香料、薬草を調合する所」「調剤薬局」を意味し、「薬局」のようにお客様の生活に根差した立場で「生活の一部としての香りの楽しみ方」を提案している。

あなたは何をしている方ですか?

APOTHEKE FARGARNCEの創業者、デザイナー、パフューマー、香料屋です。

それをはじめたきっかけと理由は何ですか?

海外の伝統や文化に根付いた香料商店に興味を抱き、そのテイストを入れながらインディペンデントなスモールバッジファクトリーブランドを作りたいと思ったのがきっかけです。

あなたが大切にしていることはなんですか?

信念を持ち、何事にも興味を抱き、謙虚でいること。

BP. (bptokyo.com) と共同制作したフレグランスオイルバーナー。ティーライトキャンドルの火でグラスがあたたまると、フレグランスオイルが揮発し香りが広がる。Fragrance Oil Burner < Brass > / ¥17,000(+税)
自社工場にて一点一点手作業で製作した、バンブースティック型のお香。インセンススティック / ¥1,600(+税)
一点一点手作業で製作したコーンタイプのお香。短時間で多くの香りが広がり、芯材がないのでピュアな香りを楽しむことができる。手軽に何処へでもお好きな香りを持ち出すことができ、ご自宅はもちろん旅先でのホテルやアウトドア等、様々なシチュエーションでご利用できるお香。 INCENSE CONES / ¥2,700(+税)

APOTHEKE FRAGRANCE

菅澤 圭太

菅澤 圭太
デザイナー / パフューマ― / 香料屋
アパレル、商社営業職を経て、30歳の時に香り屋になることを志し、香料原料会社に就職。勉強しながらAPOTHEKE FRAGARNCEを2011年に立ち上げ、現在に至る。

Online store

EQUALAND SHIBUYA

MIYASHITA PARKのキュレーションアイテムはこちらでもご購入いただけます。

  • オンラインストアでご購入の際は、こちらの公式サイトのメンバー登録とは別に「オンラインストアメンバー」の登録が必要となります。お手数ですがオンラインストア内で会員登録をお願いします。