お使いの Internet Explorer 11 ではこのサイトは表示できません。
Microsoft EdgeやGoogle Chromeなどの最新のブラウザに変更して再度アクセスしてください。

stojo

アメリカ

ブランド創設者のジュリアンにより、2014年にニューヨークで立ち上げられたブランド。コーヒーやお茶用の使い捨てカップが、毎年5,000億個にのぼり廃棄されていることを知り、地球にやさしい、持ち運べるマイカップを発案。『stojo』は英単語 STOW(場所・容器にしまい込む)と、スラングのJOE(コーヒー)を組み合わせた造語。コーヒーのテイクアウト用の他、外出時、レジャー、スポーツ、オフィスでの使用など様々なシーンにあわせてバッグにしまって折り畳み持ち運べるマイカップ。

それをはじめたきっかけと理由は何ですか?

ブランド創設者のジュリアンは、ニューヨークに引っ越した際に大量に捨てられているコーヒーカップから、コンパクトに折り畳めて何度でも使用できるコーヒーカップを発案しました。コーヒーカップのゴミの山を見て 「 自分の子供達に誇れる何かをしたい! 水がきれいで、空気が美味しくて、ごみが落ちていない道路があった時代を取り戻したい! 」 との思いから、コンパクトに折り畳めて何度でも使用できるコーヒーカップを発案しました。

コーヒーを飲んだ後に、カップをクシャッと折り畳んで、バッグにしまって持ち運べる。STOJO-MINI / ¥1,400+tax
コーヒーを飲んだ後に、カップをクシャッと折り畳んで、バッグにしまって持ち運べる。STOJO-POCKET / ¥1,500+tax
コーヒーを飲んだ後に、カップをクシャッと折り畳んで、バッグにしまって持ち運べる。STOJO-BIGGIE / ¥2,100+tax
コーヒーを飲んだ後に、カップをクシャッと折り畳んで、バッグにしまって持ち運べる。STOJO-BOTTLE / ¥2,800+tax

stojo

ブランド創設者のジュリアンにより、2014年にニューヨークで立ち上げられたブランド。コーヒーやお茶用の使い捨てカップが、毎年5,000億個にのぼり廃棄されていることを知り、地球にやさしい、持ち運べるマイカップを発案。『stojo』は英単語 STOW(場所・容器にしまい込む)と、スラングのJOE(コーヒー)を組み合わせた造語。コーヒーのテイクアウト用の他、外出時、レジャー、スポーツ、オフィスでの使用など様々なシーンにあわせてバッグにしまって折り畳み持ち運べるマイカップ。

Online store

EQUALAND SHIBUYA

MIYASHITA PARKのキュレーションアイテムはこちらでもご購入いただけます。

  • オンラインストアでご購入の際は、こちらの公式サイトのメンバー登録とは別に「オンラインストアメンバー」の登録が必要となります。お手数ですがオンラインストア内で会員登録をお願いします。